「貧乏人は家を買え!」




「表参道に家を買う」




「賢い女は家を買え!」

 
上手な資産承継

●『表参道不動産』ではどんなことができるの?
ライフプランに深くかかわる財産のことをご相談していただくのですから、不動産取引のほかに 「資産運用」「遺産整理業務」「遺言コンサルティング」などのご要望についても ご相談いただけます。お客様の人生のパートナーとして、お力になりたいと考えています。

●遺言と資産承継
お客様の財産を次世代へお引き継ぎするためのご相談をお受けしています。財産の共有、保管、財産の査定などを行います。
分割方法を具体的に指定したい。寄付を行い財産を社会のために役立てたい。事業の承継を行いたい。 法定相続人以外への財産分割を行いたい。相続争いを防ぎたい。このようなお客様のご要望に、専門家がお応えしています。
表参道不動産の主なサービス
遺言についてのご相談、遺言書作成コンサルティング、財産の査定、事業承継などです。
まずはメールでお気軽にご相談ください。■ お問い合わせはこちらから

   
  運用元本はいくらいるか

平成17年家計調査(総務省統計局)によれば、月額約27万円。
65歳からの20年間85歳までの夫婦の生活費は単純計算で約6480万円。
国民年金は夫婦2人で満額で20年間では約3170万円。その差額は約3300万円。
   
国が保証する額

老齢基礎年金 66,000円 (平成18年度)
厚生年金 232,592円 (夫婦二人分の基礎年金を含む)
夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業、妻がその期間全て専業主婦の場合)
   
資本を運用する60年間

男性は79歳、女性は86歳、このように昨今の日本人の人生は90年といえるでしょう。
運用元本を早く作った人は、それだけ運用期間が長くなりお得なのです。
詳細は『賢い女は家を買え!』『表参道に家を買う』をお読みください。
   
運用元本が保証するもの

今の高齢者世帯の所得は、年金や恩給が7割、稼働所得2割弱、財産所得0.5割。
財産所得が非常に少ないことに着目しましょう。多くの人は運用元本を作れず、暮らしているうちに資産を消費してしまうのです。
   

 トップページ会社概要クイーンズ表参道不動産メンズ表参道不動産お客さまの声プライバシーポリシー お問い合わせ
 Copyright The Omotesando Real Estate Corporation. All Rights Reserved.