不動産広告を活用しよう
中古マンション、新築マンション、不動産の広告を見たことはありますか。
専門用語が並んでいますが、これらは現地に行かなくても、その物件の様子がイメージできるものですから、不動産の購入の計画を始めるのなら少しづつ覚えていきましょう。表参道不動産のトップページの左下に不動産の用語解説ができる機能が付いています。不動産広告を見るときにも、ご利用いただけます。

■ マンションの販売広告の主なもの
◇ 所在地 地番表記と登記番号表記の2種類の表示の仕方があります。
◇ 交通 1分あたり80mで計算しています。
地図上での距離なので、女性はもう少し時間がかかると考えます。
◇ 用途地域
周囲の住環境がわかります。商業地域は駅前の雰囲気、準工業地帯には近くに工場があることも。
◇ 専有面積 壁の中心から計算した面積。これは実際の広さよりも広い表示になります。
◇ 管理費・修繕積立金
マンションの維持管理のための費用。各、世帯から集め、管理組合が建物全体の維持保全の費用として徴収します。戸数が少ないと一般的には各戸の負担が大きくなります。
◇ 管理形態 管理の方法と管理会社を表示。管理体制が常駐、日勤、巡回か確認できます。

 

01 安心な物件選びのポイント
02 初めての住宅ローン〜「お金の備え」
03 住宅購入のポイント〜いくらかかる?
04 ちょっとためになる資金計画の話
05 不動産の魅力〜上手な購入方法
06 女性が不動産を保有する意義
07 知って得する親族からの贈与と借入
08 賃貸と購入〜自分にあった家選び
09 じょうずな不動産広告の活用法
10 物件を見に行くときの注意点


もっと詳しく知りたい方は...

■「女性の不動産購入講座」こちらから

Queen's 表参道不動産 TOP



Copyright (C) 2008 The Omotesandou Fudousan Corporation. All Rights Reserved.